名古屋大学医学部附属病院 石黒直樹2

リウマチ患者さんの名古屋大学医学部付属病院で働く石黒直樹先生へのレビューがありましたので紹介します。

リウマチの症状でお悩みの方におすすめな病院は、リウマチ科の標榜をしているところです。
整形外科や内科でも診察を行っているところはもちろんあるのですが、リウマチの専門的な医療を受けるためにはやはり専門医師のいるところがおすすめです。私は名古屋大学医学部付属病院の石黒直樹先生に診てもらいました。

私自身も、専門医にかかっているのですが専門医が良いと思う点は、様々な選択肢がある中から最適な治療を選んでもらうことができることです。
たとえば、抗リウマチ薬だけの治療ではなく、さらに一歩進んだ最新の医療である生物学的製剤による治療も積極的に受けることができるため、進行を抑えることができます。石黒直樹先生は詳しく説明してくれたのでとてもわかりやすかったです。

また、生物学的製剤を行っている病院というのもどこでも受けられるわけではありません。
リウマチ科の標榜している病院であっても、生物学的製剤を行っていないところもあります。

できるだけ関節破壊を防いで日常生活動作がいつも通りできるように目指すためにも、このような生物学的製剤を行っているところを選択肢に考えてみることはおすすめです。

現在の生物学的製剤の効果は目覚しいものがあり、日常生活を普通に送れるようになっている方ももちろんいらっしゃいます。
点滴で受けるものや皮下注射を自分で行うものもあるので、ライフスタイルや病気の状態に応じたものを複数ある生物学的製剤の中から適している治療を受けることで、リウマチをしっかりとコントロールしてもらうことができるのでそういった意味でも専門医を受診することは欠かせないと言えます。

また、専門医であれば今行われているリウマチの治療についての説明もしっかりと行われるので患者にとっても自分がどう言った治療を受けているかということを正しく理解することができます。
痛みや腫れ、こわばりなどの一般的な症状に加えて全身状態の不調も起こりやすいのがリウマチですので、十分にコミュニケーションができる医師が適しています。

私は近所に名古屋大学医学部付属病院があったためそこに診察に行きましたが、現在では、インターネットで専門医を探すことも十分にできるようになりましたし、患者団体である友の会に相談することもできます。