愛媛大学医学部付属病院 三浦裕正

僕は高校野球でピッチャーをやっているのですが、投球練習中にひじに違和感が出てきましたが痛みもなく投球に支障はなかったので、甲子園予選も近くどうしてもレギュラーになりたかったので、気にせず練習を続けていたのですが、痛みも徐々にするようになったのですが、アイシングとテーピングでごまかしながら練習をしていましたが、ある日試合中にピンチがやってきて、思いっきり投球をしたところ、動かすことができないくらい痛みが出てきました。

急いで近くの愛媛大学医学部付属病院に行きました。

担当してくれた三浦裕正先生によると、肘関節靱帯損傷。説明していただいたのは、肘関節の両側には、関節の側方への動揺性を制御している(横方向へ曲がらないようにしている)側副靭帯(そくふくじんたい)という組織が、野球の投球で肘に外力が加わった時に損傷した可能性があると言っていました。

野球による内側側副靭帯損傷で、急激に疼痛が生じて発症した場合は、外固定を行い、徐々に動かす練習をしていき、投球時の疼痛が原因で投球ができない場合には、手術(靭帯再建術)を行うとの説明を受けました。

先生のアドバイスをもとにリハビリを行い、今まで通りにはいかないまでも野球ができるようになり僕は、野球はまだできると安心していたら、先生から無茶をしたら次は野球ができなくなるかもしれないといわれてしましました。

今後は無理せず、違和感を感じたらすぐに先生に診てもらうことに。

先生やスタッフの皆さんのおかげで大学に進学した今でも野球を続けられました。今まで野球ができているのは先生のおかげだと感謝しています。

本当にありがとうございました。