山口大学医学部付属病院 田口敏彦

仕事柄、1日のほとんどが立ち仕事なのですが、ある日とても腰が痛くなり立ちあがることもままならないほどに。

急いで近くの山口大学医学部付属病院に行くことにしました。

担当していただいた田口敏彦先生より、診察を受けました。

痛みやしびれ、運動障害などの症状が無いか、またそれらが他の病気によるものでないかなどの確認、次にレントゲン撮影により、変形性脊椎症。

変形性脊椎症の原因は、椎間板が加齢などによって弾力性を失って潰れたり変形してしまうことによります。また、職業やスポーツなどで椎間板に過度の負荷がかかるような運動などを繰り返してきた人に起きやすいらしいです。

脊髄から直接出ている太い神経を神経根と呼び、脊髄から分かれて椎骨の下を通るようにして分岐しています。脊椎の変形によって脊髄や神経根が圧迫されるようになると、痛みだけでなく、しびれや運動障害などの様々な症状を起すようになっているとのことでした。

変形性脊椎症の治療は主に保存療法とのことで私も結構いたかったのですが、軽度とのことで、保存療法になりました。手術しないといけないと思っていたので助かりました。

痛みに対しては消炎鎮痛剤や筋弛緩剤などを内服したり、湿布や痛み止めの塗り薬、座薬などを使用します。患部を温めたりマッサージで柔軟にしたりする理学療法、ベルトを巻いて引っ張ることによって神経の圧迫を軽減する方法を教えていただき、今では仕事も順調にこなせるようになりとても助かりました

本当にありがとうございました。